献立を考えるのがめんどうくさい人向け!レシピ本レビュー

ずるメシ感想レビュー 料理に関する話

毎日の食事の支度、
そもそも献立を考える時点で
面倒くさいですよね。

この大変さを楽にする
レシピ本を今回はご紹介します。

料理研究家のレシピ本ではなく
3人の男子を子育てしている
イラストレーターの方の本です。

ため息が出そうな画像▼

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マルサイ家の食卓(@ura_maru_sai)がシェアした投稿


男子3人の育児をしながら
家事に仕事に忙しそうな
著者のマルサイさん。

彼女自身は
食にこだわりは無いそうです。

ですが食べ盛りの家族に
キムチご飯かお茶漬けで
すませるわけにはいきません。

料理がそこまで
好きではないからこそ
実生活で生まれた
楽する(ズルする)
テクニックが盛りだくさん!

そんなレシピ本についての
レビュー記事です。

スポンサーリンク

レシピ本レビュー『最強ずるメシ/マルサイ著』


タイトル:がんばらなくてもデキてる風 めんどくさがり母さんの最強ずるメシ
著者:マルサイ
出版社 : 扶桑社 (2019/8/2)
発売日 : 2019/8/2

献立を楽に決める3つの方法

私が『最強ずるメシ』の中で
真似をしたいと思った方法から
上位3位までご紹介致します。

第3位:味付けは同じで素材だけ変える!

コウケンテツレシピトマトのナムル
目次で言うと5章に当たる
テクニックです。

『最強ずるメシ』の中で
紹介されているのは
こちらの4つ!

  1. マーボー
  2. きんぴら
  3. ゴマあえ
  4. ナムル

例えば麻婆味であれば
キャベツ、大根、白菜
厚揚げなどが紹介されています。

基本的にはどれも
素材1種類が基本で
味付けも同じパターン。

そういえば
料理研究会のコウケンテツさんも
野菜はなんでも
ナムルにすれば良いと
提案されていましたね。

▼おすすめ記事▼
料理が好きだったのに嫌になる日が増えてきた人にオススメの本(コウケンテツ著)
本当はごはんを作るのが好きなのに_コウケンテツ著

第2位:味付けは4種類でまわす

目次で言うと2章に当たる
テクニックです。

家族好みの味付けを
4つのパターンに絞り
基本的にこれらを
グルグル回して作っておられるそう。

  • ずる味① 甘辛味
  • ずる味② 中華風
  • ずる味③ 韓国風
  • ずる味④ 甘ずっぱ味

調味料も割合が決まっており
醤油1:砂糖1.5:酒1のように
固定しているから楽ちん♪

なお、マルサイ家では
甘めがお好みのようで
甘辛味と甘ずっぱ味は
やや甘さ強めで定着したそうです。

本の中ではこの4つの味の
組み合わせが紹介されていますので
自分の家庭好みにあった
配分に調整するとベストですね。

第1位:単品素材のレシピを増やす

サツマイモの葉とおしゃれな鍋
目次で言うと6章に当たる
テクニックです。

献立を考える際に
私が一番大変だと感じるのは
副菜なんですよね。

メインを決めるよりも
サブはどうしよう~と
頭を悩ませます。
牛女には分からない
ですが、組み合わせることなく
その食材単品で作ってしまえば
メニューを決めるのが
楽になるというわけです。

『最強ずるメシ』の中で
紹介されている食材はこちら↓

  • キュウリ
  • キャベツ
  • ピーマン
  • ナス
  • 大根
  • こんにゃく

紹介されているレシピは
私にとって目新しい物とか
好みのものは無かったのですが
(スミマセン)

単品素材の副菜レシピを
ストックすること
自体が
最も参考になりました。

自分の意識を変えるズルい技!

野菜や果物が並ぶキッチン
私にとっては
考え方の参考になった
テクニックを紹介します。

レシピそのものを
覚えるのもアリですが
根本の考え方を変えることで
献立を考える大変さが
楽になるかもしれませんよ。

楽して映え見せ出来るテクニック

①凝った料理より「見せかけ力」とことん豪華見せ

こちらは1章の項目で
マルサイさんのインスタは
画面いっぱいに料理が
並んでいるのが特徴です↓

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マルサイ家の食卓(@ura_maru_sai)がシェアした投稿


一見、すごく手が込んでいるようで
切っただけ
盛っただけ
散らしただけ
・・・などの
映えて見えるテクニックが
駆使されています。

そんなズル技を
紹介しているのがこちらの章でした。

②なあーんにも考えたくない日のレスキュー魅せ丼

 

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

マルサイ家の食卓(@ura_maru_sai)がシェアした投稿


こちらはは8章です。

お皿に盛れば寂しい惣菜を
丼に仕立てることで
ボリューム感を出すという
テクニックが紹介されています。

具体的に紹介されていたのは
漬け丼、豚丼、ビビンバ丼など
男子も納得のボリュームでした。

調理の面倒をまるっとパス!ずる食材を味方につける

台所で料理を始めている女性
こちらは第4章にあたる部分です。

なるべく下処理が必要ない
食材を選ぶことで
料理に対する
ハードルを下げる作戦です。

マルサイさんが
おススメする食材はこちら。

  • 豚薄切り肉
  • 塩サバ
  • 厚揚げ
  • ベーコン

肉や魚をただ焼くのではなく
食材としてレシピに展開するという
発想が参考になりました。

セット化で悩まない!献立はアレのときはコレ

唐揚げ
こちらは9章にあたります。

献立のペアを定番化することで
何を作ろうか考える手間を
減らすという方法です。

本の中でマルサイさんの
あれの時はコレ!を
いくつか紹介してあります。

  • 唐揚げの副菜
  • 焼き魚の副菜
  • トマト煮に合わせるご飯
  • おでんに合わせるご飯

ランキング外のずる技もご紹介♪

献立を考える方法ではなく
ショボい献立はそのままに
総合得点を上げる方法も
紹介されています。

例えば

ショボい料理を帳消し!
ごめんねスイーツ

こちらを参考にして
私も献立が寂しいときは
デザートのボリュームで
カバーするようになりました(笑)
おうちパフェ
あと、野菜嫌いの子供に
悩んでいる方に参考になる
こういったテクニックも
紹介されています。

サヨナラ!!
お子さまメニューみーんな一緒メシ

それから巻末付録の

やる気ゼロでも!
週末ずるランチ

こちらを見ると
休日の昼食づくりが面倒なのは
私だけじゃないんだなと
安心したりしました。

▼おすすめ記事▼
週末のお昼ご飯を作るのがめんどくさい時に!残りものピザが楽過ぎてはまってます
業務スーパーの冷凍ピザ生地
業務スーパーの
冷凍生地がお気に入りです。

スポンサーリンク

ご飯支度のズルは時短を叶えるテクニック

主婦であれ、主夫であれ
毎日のご飯を担当していると
本当に大変ですよね。

手を抜くことに対して
非難する意見もあったりして
後ろめたく感じる方も
いらっしゃるかもしれません。

ですが、毎日の家庭の料理に
必要以上に手間や時間を
かける必要ありませんから。

手を抜くというのは
不要な手間を抜くこと。

目指す成果を短時間で得られる方が
より価値の高いことなんです。

手をかけた料理をしたい時は
丁寧に料理すればいいんです。

でも、日々の料理に
そこまで手をかける必要はないですよね。

献立を考えるのがめんどうくさい
献立を考えるのが大変だと
感じている方に
こちらの本は参考になると思いますよ。


タイトル:がんばらなくてもデキてる風 めんどくさがり母さんの最強ずるメシ
著者:マルサイ
出版社 : 扶桑社 (2019/8/2)
発売日 : 2019/8/2

▼おすすめ記事▼
麦茶の簡単な作り方
ボトル洗いを使用せずに
麦茶ボトルが洗いたい方にも↓
水だし麦茶に抵抗があるけれど…煮出し麦茶はめんどうくさい!という方にお勧めの方法