子育てに関する話

元が取れたベビーグッズ☆もうすぐ3歳の現在も活躍中!

赤ちゃんに関するグッズって、沢山ありますよね。

私もAmazonや楽天、メルカリで色々買っては、メルカリで沢山手放しました。笑。

この記事を書いている現時点で、子供はあと数か月で3歳となりますが、出産前や初期の頃に買って、今も活用しているお役立ちグッズを紹介したいと思います。

もうすぐ3歳の今でも活用しているTOP3

一見、赤ちゃんグッズとは関係無い物もありますが、いずれも買って良かった!と実感している物ばかりです。

第1位:プライベートビエラ


育児グッズとして購入したわけではありませんが、子育て生活で最も役立っていて、コスパの高さナンバーワンの製品です!

プライベートビエラの特徴は、リビング以外に寝室や浴室でテレビや録画した番組、DVDなどが見られることですが、子育てで役立つ場面が多いことを実感しています。

子供に見えない角度で観る事ができる

赤ちゃん
何と言っても持ち運びが出来るサイズなので、置く場所は自由自在です。

出来れば赤ちゃんには見せたく無いものの、こちらも家に篭りっきりのため、テレビでも観てボーッとしたい時ってあるじゃないですか。

リビングの大きなテレビでは難しいですが、プライベートビエラなら高い場所など、自分にしか見えない位置に置くことが出来ます。

音声の字幕がある番組であれば、音を消してもそれなりに楽しめるので有難かったです。

お風呂に誘う手段として使える


子供の自我が芽生え始め、お風呂に入るのをひどく嫌がった時期がありました。

その時に苦肉の策として、ビエラで映画「SING」を写しところ、フラフラと大人しくお風呂場に向かっていったのです。笑。

これが定番になっていて、お風呂に誘うのに苦労することは殆どありません。

これもお風呂に持ち込めるプライベートビエラならではですね。

大人のチャンネル権を確保できる

大人が他のテレビを観ている時も、子供は自分の好きな番組やDVDを見たがるものです。

夫はスポーツ中継が好きなので、リアルタイムで試合を追いたい時は大きなテレビを子どもに譲って、ビエラで続きを観戦しています。

また、子供のお風呂は夫が担当しているので、私は湯船に浸かる時間がドラマの視聴タイムになっています。

第2位:電動鼻水吸い器


買うのに悩む人が多いのがこちらの商品ではないでしょうか。たかが鼻水を吸うのに1万円以上しますからね。

少し上の子供を育てている友人に聞いたところ、無くても平気だよと言われたものの、実際に購入してみたところ「買って良かった!」と実感しています。

created by Rinker
ベビースマイル
¥14,599
(2021/09/20 00:27:24時点 Amazon調べ-詳細)

メリットとしては、ティッシュで鼻をかむ回数が減るため、鼻の下の皮膚が荒れなくて済みます。

何より鼻づまりで咳き込んで、夜中に起きる(=起こされる)回数が減ります。

親の体調がベストでなければ、子供の体調管理に影響が出ます。睡眠時間をなるべく確保したい人であれば、買って損はありませんよ。

第3位:リッチェルのストローマグ

created by Rinker
リッチェル
¥1,520
(2021/09/20 00:27:25時点 Amazon調べ-詳細)

最初に買った200mlサイズを今も使っていますが、最初から大きいサイズを買っても良かったかなと思います。

蓋を閉めればこぼれないので、寝室に持ち込んで枕元に転がしています。

鼻水が出ている時は、痰が絡んで夜中に咳き込むことが多いので、すぐに飲ませることが出来ますよ。

洗浄する際はスプレータイプの食器用洗剤が便利です。

買っておけば良かったなと思った物

今さら買い替える程ではありませんが、最初の頃に買えば良かったなと思う物をご紹介します。

耳で測るベビー用体温計

created by Rinker
ピジョン
¥2,955
(2021/09/20 00:27:26時点 Amazon調べ-詳細)

大人用の体温計で十分とのことで、ベビー用体温計は購入しませんでした。

確かに赤ちゃんの頃は、検温する機会は限られるので大人用で十分だったんです。

ところが保育園に通うようになって毎朝の検温が必要となり、買えば良かったと後悔しています。

発熱時は大人用できっちり測って、普段の日は赤ちゃん用で素早く計測出来たら、毎朝の支度が少しでも楽になったなあ・・・と思っています。

最近は寝起きが悪くて、日によって機嫌が悪いことがあり、着替えやオムツ替え、検温するのに時間がかかります。

我が家の体温計は90秒ですが、ベビー用なら2秒ですよ!2秒!・・・やっぱり買おうかしら(-_-;)

Bitattoおしりふきの蓋

正確に言えば「買った方が良かった」ではありません。

実際に買っていますし、現在も使っていますが「柄の選び方は失敗だったな」と思っています。

私が選んだのは絵本のはらぺこあおむしで、蓋だけで見ればとても可愛いんですよ。

ところが、おしりふきのパッケージと合わせると、なんだかごちゃついた印象に・・・

物自体はとても良くて、3年近く経っていますが未だにしっかり粘着しています。

なお、お尻を拭く用をあおむし、手や口を拭く用を無地の蓋と使い分けしています。

迷ったけど買って正解だった物

商品を選ぶのに迷ったり、買うこと自体に悩んだりしましたが、買ってみて正解だったアイテムを紹介します。

不器用な人にイチオシの抱っこ紐

created by Rinker
ベビービョルン
¥3,300
(2021/09/20 00:27:27時点 Amazon調べ-詳細)

抱っこ紐はエルゴが人気ですが、自分は不器用だと思う人には特にお勧めです!

留め具部分が背中ではなく、自分のワキ下辺りにあるので装着しやすいです。

最近、ニュースで話題となっている、抱っこ紐を外されることはありませんから安心ですよ。

かなり活用したバウンサー

マテル フィッシャープライス あんよでキック! ミュージックバウンサー FFX45
フィッシャープライス

バウンサーは、購入するか迷うアイテムではありますよね。

確かに使用出来る時期は限られますが、新生児の頃は、抱っこして揺らしてやっと寝ついた所で、そっと着地させると、布団よりも目覚める確率が低かったです。

平らな布団よりも、カーブが抱っこされているような気になったのかもしれませんね。

それと自分一人でお風呂に入れるとき、バウンサーで待機してもらったりと、短い期間ながらも活用度は高かったです。

バンボを買うより絶対リッチェルの椅子!

created by Rinker
リッチェル
¥4,102
(2021/09/20 00:27:28時点 Amazon調べ-詳細)

最初はバンボが良いかな?と思っていましたが、太ももが太い子は入らない場合があると知って止めました。笑。

その代わりに購入したのが、リッチェルの椅子です。

これはバンボと違って太ももの間に仕切りが無いため、太ももムッチリちゃんでも問題ありません。

通常のテーブルイスの座面に乗せて固定することも出来るため、実家へ帰省する際も持って行きました。

人によっては回転寿司とか、ファミリーレストランに持ち込むこともあるそうです。

それほど大きくないので、車であれば持ち運びも簡単ですからね。

買わなくても間に合った物

ここから先は、定番のアイテムだけれど、買わずに済ませた物についてご紹介します。

オムツ専用ゴミ箱

created by Rinker
アスベル
¥1,680
(2021/09/20 12:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

我が家はオムツ専用のゴミ箱ではなく、上記のシンプルな四角いゴミ箱を購入しました。

と言っても、ニオイ漏れに強いのが特徴のゴミ箱で、レビューに「介護中で親のオムツ用に使っています」と書かれていたのが決定打となりました。赤ちゃんより大人の便の方が臭いですからね。

オムツと生ごみ用に20Lのゴミ箱と、それと夫が独身時代から使っていたゴミ箱の2つを併用していました。

2年半ぐらい使った所で蓋のパーツが壊れたのを機に、通常のゴミ箱を大きい物に買い替えたので、今はオムツもそれに捨てています。

最近は便も固形化してトイレに流しているので、そこまで臭いは気になりません。

私はセリアのビニール袋に入れて捨てていますが、敏感な方はニオイを防止するビニール袋を使うと更に安心ですね。

ベビーバス

我が家の場合、洗面台にシャンプーヘッドがあって、尚かつ給湯温度が不安定ではなかったので、用意しなくても問題ありませんでした。

身長が高い夫は腰がちょっと辛そうでしたが。笑。

洗面ボウルが手狭になる頃には、浴室に移行したので買わなくても済みました。

ただし、給湯温度にムラがある(出し始めに熱いお湯が出る)ような場合は、ベビーバスを使用するか、対策を考えた方が良いでしょう。

私はスペース的な問題もあって購入しませんでしたが、こういった折りたたみのベビーバスなら良いと思います。

子供が小さいうちは、布団に吐いたり漏らしたりなど、漬けおきする機会が増えるので、そういう時にあると便利ですよね。

最後に:赤ちゃんグッズは使ってみないと分からない

ここまで役立ったアイテムを紹介しましたが、実際使ってみて初めて分かる物が多かったです。

買っても今ひとつ役立たなかった物は、ここに紹介しきれないほど沢山ありました。

そうは言ってもレビューを見れば、それがとても役に立った家庭もあるのは事実です。

結局、家庭環境や赤ちゃん個人の性質が違うため、使ってみなければ分からないんですよね。

今はメルカリ等、フリマアプリがあるので、使ってみて合わなければすぐに売れるので、私は迷ったら試してみるようにしていますよ。

育児中はとにかく時間が足りないので、この方法が最も効率が良いと実感しています。