ミロがまた品薄で販売中止!?どこにも売っていない理由は大人女性のミロ活にあり

ミロ袋入り 料理に関する話

都市部では夏ぐらいからミロが店頭で品薄になっていると聞いていましたが、ド田舎である私の地域でも、10月末頃からミロがスーパーの棚から消えました。

最近やっと店頭に並び始めたなと思っていましたが、なんと、昨日、ミロの販売元であるネスレが販売を休止するとの発表をしていたのです。

販売中止ではなく販売休止なんですね。ひと安心しましたが、入荷しなければ買えません。

どうして販売休止になってしまったのでしょうか?

その理由は「注文があまりにも増えてしまい、生産が追い付かず、十分な対応が出来ないから」というものでした。

ミロなんて昔からある子供の飲み物でしょう?どうして売り切れになっているの?なぜ注文が増えてしまったの?と驚いている方もいるかもしれません。

その理由が分かるキーワードは「大人女子」「ミロ活」です。

スポンサーリンク

ミロが品薄なのはなぜ?その原因について

ミロの販売休止をネスレが発表

まず最初に昨日(2020年11月8日)の発表からご紹介します。

麦芽飲料「ネスレ ミロ」の下記3製品について
安定した供給の継続が困難になりました為、
販売を休止いたします。

【対象製品】
・「ネスレ ミロ オリジナル 240g」
・「ネスレ ミロ オリジナル 700g」(一部チャネル限定品)
・「ネスレ ミロ オリジナル スティック 5本」

「ネスレ ミロ」 販売休止のお知らせ(ネスレ公式プレス)より

created by Rinker
ネスレ ミロ
¥675 (2021/06/13 14:21:24時点 Amazon調べ-詳細)

ざっくり説明するとこの様な内容でした。

  • 2020年9月末に販売を休止
  • 2020年11月16日より出荷を再開
  • 前年比で約7倍の注文が殺到
  • 供給計画をはるかに上回ってしまう
  • 再度販売休止
  • 原料はシンガポールから輸入している
  • 十分な供給体制を整えるのに時間がかかる
  • 販売再開は2021年3月以降の予定

皆さんが気になるのは「前年に比べて爆売れした理由」ですよね。

それは次に説明する「ミロ活」によるものだったんです。

ミロ活とは大人女性の貧血対策のこと

created by Rinker
ネスレ ミロ
¥675 (2021/06/13 14:21:24時点 Amazon調べ-詳細)

ネット上でやり取りしている仕事関係の女性から「ミロが貧血に効くとネットで話題になっています」とは聞いていたんですよ。

関東在住の方ですが、夏頃からドラッグストアで気軽に入手できなくなったと仰っていました。

この女性は病院で鉄剤を処方されているほどの、重度な貧血に悩まされていたため、少しでも鉄分を補給できるのならばとミロ活をすることにしたそうです。

そう、ミロ活とは「ミロを飲んで貧血を改善する活動」のことだったんですね。

きっかけはTwitterの投稿だったそうで、鉄分が平均の1/7しかないと指摘された女性が、ミロ飲んだら平均値になったという内容だったそうです。

その投稿がSNSで一気に拡散され、最終的に全国でミロが売り切れ続出へとつながりました。

ミロはなぜ貧血に効果的なのか?

ミロは子供の飲み物というイメージが強いですが、それは子供の成長をサポートする成分が豊富に含まれているからです。

参考:ミロの栄養成分(ネスレ公式)

主な特徴は『鉄分・カルシウム・ビタミンD』が含まれているところ。この鉄分がポイントですね。

男性たちにはピンとこないかもしれませんが、毎月、月経(出血)がある女性は鉄分が慢性的に不足しがちです。

月経がある30~50代女性の1日の鉄分摂取量の目安は、10.5~11mgと言われています(参考①)。

実際には6.8~7.3mg程度しか摂取できていない女性が多く(参考②)、そのため常に鉄分が3.2~4.2mgぐらい不足していることになります。

その不足している鉄分をミロ1杯でカバーできちゃうそうです!(ミロ15g+牛乳150mlで鉄分3.2mg含まれるため)

なるほど、貧血に悩む女子たちの話題になるのも当然ですよね。

また、閉経後に骨がもろくなる女性は、若いうちからコツコツと骨密度を強化しておく必要があります。

ミロには骨を強くするための重要な栄養素である、カルシウムとビタミンDまで豊富に含まれているんですよ。最強かっ!

貧血に悩む大人の女性や、骨粗しょう症が気になる更に大人の女性が、ミロの栄養価の高さを知れば飲んでみたいと思うのは当然ですよね。

参考①:2020年版「日本人の食事摂取基準」/厚生労働省
参考②:平成30年国民健康・栄養調査/厚生労働省

スポンサーリンク

ミロが販売再開するまで代わりになりそうなココア系飲料

わが家は子供が毎朝ミロを飲んでいますが、大人と違って、子供は言葉で納得してくれないことが多いです。

ミロが販売再開されるまで代わりになりそうな、ココア味のドリンクについて調べてみました。

商品名(1杯当たりの量) カロリー 鉄分 カルシウム ビタミンD
ミロ 15g 60kcal 3.2mg 225mg 1.7㎍
セノビックプラスミルクココア味 12g 40kcal 6.05mg 510mg 3.5㎍
セノビー 12g 39kcal 3.8mg 510mg 3.5㎍
ウイダー ジュニアプロテイン ココア味 20g 74kcal 4.6mg 500mg 2.0㎍

※いずれも牛乳などを含めず、製品単体の数値です。

セノビックプラスミルクココア味


ロート製薬の商品です。

1袋が180g(約15日分)入りで、メーカー希望小売価格が1,296円(1杯あたり86.4円)です。

原材料は多い順から、グラニュー糖(国内製造)、マルトデキストリン、ココアパウダー(ココアバター10~13%)、ぶどう糖と続くため、糖質が多い印象ですね。

ですが、他の商品と比べて断トツトップで多いのが鉄分で、なんとミロの倍近くありました!

貧血対策を重視するのであれば、ミロの代わりにこちらを選ばれてはいかがでしょうか。

セノビー


こちらは森永の製品です。

1袋が84g(約7杯分)入りで、メーカー希望小売価格が419円(1杯あたり59.9円)とセノビックよりは価格が手頃ですね。

原材料は多い順から、砂糖、ココアパウダー(ココアバター10〜12%)、ミルクカルシウム、ホエイたんぱくと続きます。

鉄分はミロより少し多い程度ですが、カロリーはミロより抑えられているのが特徴です。

また「背が伸びる(セノビー)」というネーミング通り、カルシウムとビタミンDに関してはミロよりも多く含まれています。

森永ココアを使用しており、ふんわり甘い香りがするため、甘いものが好きな方にオススメですね。

ウイダー ジュニアプロテイン ココア味

created by Rinker
ウィダー
¥964 (2021/06/13 14:21:26時点 Amazon調べ-詳細)

こちらは先ほどのセノビーと同じ、森永の製品です。

1袋が240g(約12杯分)入りで、メーカー希望小売価格が1,150円(1杯あたり95.9円)と最も高価です。

なお980g(49回分)入りであれば、1杯あたり85.7円とお得に買えます。

セノビックには負けますが、ミロよりも鉄分が多く含まれています。

何と言っても商品名にプロテインとついているように、たんぱく質が断トツで多いのが特徴です。

原材料は多い順から大豆たんぱく、砂糖、ホエイたんぱく(乳成分を含む)…ということで、植物性と動物性のタンパク質が両方含まれているようです。

1杯あたりの使用量 1杯あたりのタンパク質
ミロ15g 1.2g
セノビックプラスミルクココア味12g 0.7g
セノビー12g 1.0g
ウイダー ジュニアプロテイン ココア味 8.4g

※いずれも牛乳などを含めず、製品単体の数値です。

セノビックプラスが86.4円と同じ位ですから、ウイダー ジュニアプロテイン ココア味の方がオススメですね。

ちなみにヨーグルト味もありますよ。

1杯当たりの価格の差に驚き!ミロはコスパが良すぎ!

ミロ以外のドリンクも栄養価が高いものばかりでしたが、最後に1杯当たりの価格を比較してみました。

1杯あたりの使用量 1杯あたりの価格
ミロ15g 16円
セノビックプラスミルクココア味12g 86.4円
セノビー12g 59.9円
ウイダー ジュニアプロテイン ココア味 85.7~95.9g

ミロ安過ぎ!単価の差に驚きますね!

鉄分こそセノビックが最も含まれていますが、貧血対策は続けることが大切です。ミロは価格も手頃で継続しやすい所が最大のメリットではないでしょうか。

できるだけ早く、これまでのように店頭で買えるようになると良いですね。