こどもちゃれんじ継続する?やめる?迷った末に出した結論

子育てに関する話

現在、娘は2~3歳児向けの「こどもちゃれんじぽけっと」を受講しています。

ベビーの頃から受講しているので、1歳児向けのこどもちゃれんじぷちに続き、今回が3年目です。

この時期に悩むのが、来年度も受講するかどうかですよね。

継続するかどうかを迷うのは、続けたいと思えるようなメリットがあるのと同時に、止めたいと思う理由もある証拠です。

そこで自分はなぜ続けたいと思うのか?止めたいと思うのか?それらを整理してみました。

最終的に私は『効果はあったけど私の都合でやめる』という結論に至りました。その過程をまとめようと思います。

スポンサーリンク

こどもちゃれんじを受講して良かったこと

まず最初に、こどもちゃれんじを実際に利用してみて、役立ったり、助かったこと、身に着いたことを整理しました。

効果① 生活習慣などが自然と身に着いた


こどもちゃれんじでは、DVDと絵本がついてきます。

その中でしまじろうが自分で歯磨きをしたり、お母さんが仕上げ磨きをしてくれる場面が繰り返し登場しました。

もちろん、全ての期間で歯磨きが楽に出来たわけではありませんが、子供に歯磨きをすること、口の中のバイキンを退治するなどイメージを持たせてくれた効果は実感しています。

その他にも、外を歩く時は手を離して走りだそうとした時は「やくそくポリスだよ!」で通じたこともあります。

また病院での診療時に「しまじろうも、お腹をモシモシしてたね」と伝えたり、様々な場面で声掛けをすることが出来ました。

効果② 英語を聞きとる基礎が身に着いた


こどもちゃれんじDVDの中にも、歌やダンスのコーナーは入っています。

それでも「こどもちゃれんじイングリッシュ」の方が、より歌やダンスが充実しているんですよね。

イングリッシュのお試しDVDを見せたところ、娘が本当に楽しそうだったので、試しに1年間だけ受講してみることにしました。

年齢が上がれば内容がダンスでは無くなるでしょうし、今しか出来ないだろうなという思いもありました。

英語目的というよりは、娘が踊っている隙に家事をしようという狙いだったので、特に学習効果は期待していなかったんです。

それでも最近、字幕にはないキャラクターの掛け声を娘が真似していた時は「おおっ!」と思いました。

私には聞き取れないし、口真似すら出来ない謎の英語なんです。

やっぱり聞き取る素地が出来るんだなと感心しました。

効果③ 何よりDVDを楽しそうに観てたこと


何より一番良かったと感じることは、「とにかく楽しそう」これだと思います。

やはり長年、子どもを対象に提供し続けてきたことだけはありますね。

天気が悪くて家で一日中過ごす日や、ぐずった時などもこれで機嫌を直す場面も多々ありました。

スポンサーリンク

こどもちゃれんじをやめたいと思った理由

ここまでこどもちゃれんじの良かった点を挙げましたが、それなら何故やめたいと思うのかをまとめてみました。

理由① とにかくオモチャが増える


一番大きな理由はこれです。

毎月、絵本とDVDと一緒に月齢に合わせたオモチャが届きます。

その月にもよりますが、プラスチックのオモチャがどんどん増えていきます・・・

覚悟はしていましたが、今年度はイングリッシュも同時受講したところ、さらにハイペースで増えています。

子供が小さいうちは家事をするのも大変なので、オモチャの片づけはもちろん、収納場所の確保や方法を考えるなど、さらに仕事が増えてしまうのには参りました。

理由② 早生まれで1年ぐらいズレがある


娘は2~3歳児の学年ですが3月下旬生まれのため、同じ学年でも1年近く差があります。

さらにマイペース気質のため、保育園では1学年下の春~夏生まれの子達より、成長が遅い部分も少なくありません・・・。

そのため2~3歳児向けのオモチャが、娘にとっては1年ぐらい先取りしている状態になります。

届いて1年近く経ってから本来の遊び方をしている場面も見られるため、こどもちゃれんじの『月齢に合わせたオモチャが届く』というのは、その通りなんだなあと実感しています。

ただし早生まれの娘にとっては届くのが早すぎて、活用出来ないオモチャが吹き溜まってしまうというわけです><

理由③ アイテムを活用しきれず溜まっている


これもまた、親である私の問題なのですが、新しいオモチャを置く場所の確保をする必要があることと、娘にはまだ早いから、急いで出さなくて良いよね・・・などという理由をつけて、ついズルズルと先延ばしにしてしまいます。

そして気が付けば開封する前に「ギャッ!最新号が届いた!」ということも続いています。

親向けの小冊子も「うちはまだ先の話だから・・・」と読まずにいるうちに存在を忘れてしまい、せっかく参考になることも後から気が付いたりすることも。

活用出来ていない自分にガッカリしています。

スポンサーリンク

私が受講を止めると即決できない理由

ここまで、こどもちゃれんじを受講して、私が感じるメリット・デメリットをまとめました。

私がやめるかどうか、最後まで迷っていた理由は下記の2つです。

子どもの楽しみを奪っていいのか?

やはり子供がDVDを楽しそうに観ているのに、これを無くしてしまうのは可哀想じゃないかと感じています。

オモチャ無しのDVDだけコースがあったら継続するんですけどね・・・。

必要なことを身に着けてあげられるか?

歯磨きだったり、トイレだったり、着替えだったり、絵本やDVDに登場するため「そろそろ教えるものなのね」と教えてもらえました。

それが無くなるということは、年齢に合わせた生活習慣やしつけなど、親が考えて実行して行かないといけないですよね。

私のことだからスポーンと忘れて、教えるべきことが抜け落ちてしまいそうです。

スポンサーリンク

結論:私の都合でやめることに決めました

先ほど挙げた不安な要素もありますが、とりあえず来年は休止しようと決めました。

やっぱりあった方が良いと思ったら、また再開すれば良いという考えです。

とりあえず、オモチャの吹き溜まりを解消しようと思います・・・。